NGO日本医療開発機構 ~医療を育むプロジェクト~ Japan Medical Development Organaization

TEL: 042-645-1356 お問合せ

~「人生を救う医療」を実践する~

貧しい患者さんにカンボジアでは実施が難しい脳神経外科手術を提供。

カンボジアでは頭の奥深くにある脳腫瘍などの病気を取り除く手術は、設備や技術的な問題でまだできません。お金のない人は進行する症状に耐えながら死を待つだけとなるのです。

日本では助かる命だからこそ「救いたい!」

そして、患者さんと家族を取り巻く環境が「よりよいもの」になって欲しい。

手術が必要な人、リハビリや介護が必要な人。ひと言で「患者さん」と言っても、その症状や取り巻く環境は人それぞれ違います。

私たちは、「患者さん・家族の命や生活を守る」そんな医療活動をしています。

現地での活動

<脳神経外科疾患の手術>
カンボジアでは医療技術が十分ではないために救う事の出来ない患者さんがいます。「目の前の命を救いたい!」脳神経外科疾患の手術を定期的に実施する事で、本来であれば救う事のできる命を救います。

<看護師>
カンボジアでは、家族が24時間患者さんの側に付き添い、ケアをします。
教えてくれる人がいない中で行われるケアは、時には、患者さんにとって危険であり、家族にも精神的なストレスを与えています。

私たちは看護ケアを行うことでの家族の負担軽減だけでなく、退院後の生活も見据えた生活の指導も行っています。

<リハビリテーション>
急な事故や病気で体の自由が奪われてしまった患者さんに障害と共に生きる力を与えたい。

リハビリの必要性がまだまだ浸透していないカンボジアでは、障害を負ったため寝たきりとなってしまう患者さんが多くいます。

「障害があっても彼らの人生は続きます」

彼らが少しでも社会に復帰できるようリハビリを行い、トレーニング方法や残った身体機能を活かした生活の方法を指導しています。

iryouteikyou_1

iryouteikyou_2