NGO日本医療開発機構 ~医療を育むプロジェクト~ Japan Medical Development Organaization

TEL: 042-645-1356 お問合せ

~「人を救う力」を育てる ~

iryoukyouiku_1

医師や看護師、リハビリスタッフなどの医療者へ知識・技術教育を実施。カンボジアの医療を支える若いスタッフへ医療者として「人」を救う方法を伝えます。

「施しの医療」という問題

これまで多くの国や NGO がこの問題に取り組んできましたが、未だに多くの人を苦しめています。この問題はカンボジアへの支援金や支援物資だけでは変えることが出来ません。

これまで支援金や支援物資は、たくさんのカンボジア人を救ってきました。しかし、その反面、支援への依存が、自分たちの力で状況を改善することを阻んでいます。

iryoukyouiku_2

<卒前教育>
医療系の学校で、患者さんに関わるという事は「人の命・生活に影響を与える事」という事を繰り返し伝えています。
そのために学ばなければいけない知識を実際の患者さんの状態に当てはめて説明をし、将来、実際の臨床場面で活かせる教育を行っています。

<卒後教育>
難しい病気の名前や症状は知っていても、患者さんを目の前にすると何も出来ない。点在した知識は実際に患者さんの治療や看護を行う事で、本当の知識・技術へ変化します。

「患者さんの異常に気づく力」「その問題に対し対応する知識・技術」この両方を養うため、看護師・理学療法士を中心に講義や臨床指導を行っています

<海外の医療者 研修受け入れ>
「日本の医療を学びたい」という海外の医療者の方を対象に、研修のサポートを行います。

研修生は当法人の関連医療機関にて、日本の医療について学びます。

iryoukyouiku_4

カンボジアと医療の問題

患者さんの腕で注射の練習をする学生。学校の先生や看護師さんの付き添いはないため、何度も失敗してしまいます。患者さんの苦痛は、知識や技術を得る事で減らす事ができます。

患者さんの具合が悪くても、それが異常かどうか分からない。対処方法が分からない。怖いから逃げてしまう。

一つでも出来る事が増える事で、医療者としての自信と責任が生まれていきます。

病院スタッフや学生さんが、自国の人を自分で救う事が出来るよう、教育をしています。

ご支援・ご参加のお願い